南高梅といえば高田果園

高田果園

土と人と梅と -高田果園-

紀州みなべは最高級品種「南高梅」の生産量日本一を誇る梅の里です。私たち紀州高田果園は「南高梅発祥農園」としての誇りをもって10ha(ヘクタール)の農園で土づくりからはじまり有機肥料を使っての栽培と加工、販売まで一貫体制で日々美味しい梅干しを作っています。海からの風と温暖な気候…大自然の恵みと人の手によって育まれた南高梅を微妙な塩分調整と味付けをしながら美味しくて身体にいいものを丁寧に心を込めて手作りしています。

農園づくりは、人づくり

祖父高田貞楠(たかださだぐす)は明治35年、所有する約30アールの桑畑を梅畑にしようと考え60本の梅の苗木を購入して植えました。その中に、ひときわ豊かに実り大粒で美しい紅のかかる優良品種が一本あることを発見し、貞楠はこれを母樹として大切に育て「高田梅」の基礎を作りました。時は過ぎ、昭和6年、農業経営の将来を梅に託した小山貞一(こやまていいち)さんは、祖父貞楠が育てた門外不出の「高田梅」の原木から60本の穂木を譲り受け、苦労を重ねながら「高田梅」を栽培していったそうです。昭和25年に「梅優良樹調査委員会」が設立され厳しい審査の結果選ばれた7系統の優良品種の中でも「高田梅」は最も風土に適した最優良品種との評価を受けました。そしてその「高田梅」は、当時の地道な調査研究に協力した「南部高校」との関わりから「南高梅」と命名され、申請者・高田貞楠の名前で種苗名称登録を出願し、昭和40年10月29日に登録第184号の名称登録が農林大臣により許可されました。

農園づくりは、人づくり

南高梅発祥農園として、私たちが大切にしているのはやはり「農園」です。自然の恩恵を受けながら梅を育てる毎日ですが、そこに人の手と時間がたっぷりかけられています。良質な土を作ることからはじめる梅づくり。経験と忍耐と向上心が無くてはできない仕事です。高田果園の農園部は、経験豊富な梅職人とその弟子達で構成され、毎日梅の様子を見ながら丁寧に梅づくりに勤しんでいます。どこよりも上質な梅に育てるため最新の情報を取り入れながらも、この土地ならではの昔からの知恵と経験を生かし、お客様に喜んでもらえる梅を育てています。

人間も自然の一部、と考える

有機栽培

農薬や化学肥料に頼らず、太陽・水・土地・微生物などの自然の恵みを生かした農法が「有機栽培(オーガニック)」です。日本では、3年以上、化学的に合成された肥料や農薬を使用しない畑で栽培された農作物だけが「有機JAS規格」を表示することができるのです。紀州高田果園は、安全・健康・美味しいことが最も大切である、と考え「有機農法(オーガニック)」にたどり着きました。手づくりの有機肥料は、おから、茶葉、おがくずなどを発酵させて作っています。雑草は都度、農園部の職員が手で刈り取り、太陽の日差しがたっぷりとはいるように管理。ていねいに心を込めた土づくりでオーガニック梅畑を育んでいます。生産量が少なくても身体にいいもの、大地の力をたくさん吸収した元気な梅を栽培していきたいというのが私たち高田果園の想いです。

有機栽培で作った梅干しはこちら
循環型有機農法

自然の力を存分に反映させる梅づくり

特別栽培

高田果園にはいくつかの農園があり、その中に「特別栽培」農園があります。特別栽培とは和歌山県の認証を受けたもので化学肥料や除草剤を一切使用せず、減農薬栽培(普通栽培の5割以下しか農薬を使わず栽培したもの)で梅を育てていく方法です。この栽培方法は、有機栽培と同じく薬に頼らず強い土壌を造ることからはじまります。農薬の使用を極力減らすことにより、人の手と経験がものをいう方法ですが毎年素晴らしい梅を実らせてくれます。紀州南高梅発祥農園として、先人の知恵と努力を受け継いだこだわりの梅づくりの賜物と自負しております。

有機栽培で作った梅干しはこちら

就労継続支援A型事業所を運営しています。
それぞれの個性を大切に ENJOY WORK

指定障害福祉サービス事業所就労支援継続A型NPO法人南高梅の会

高田果園では、一般企業で働くことが困難な障害や難病のある人を雇用して、作業や訓練の場を提供し知識と能力を身につけられるように支援する福祉事業を運営しています。この型事業所は法律で定められた最低賃金を保障し、自力で生活できるようにする支援を行っています。私たちは一緒に仕事をしていく上で、職員も含めてチームメンバーであることから事業所の利用者さん達を「メンバーさん」と呼んでいます。コミュニケーションを最も大切にし、職員もメンバーさんもそれぞれの長所や短所を認め合い、助け合いながら働きがいのある職場づくりに励んでいます。梅の栽培のほかに様々な農作物をつくり市場や取引先に出荷しています。働く喜びとやりがいを感じながら一緒に頑張っています。
理事長 高田智史

[ 高田果園オンラインショップへ ]